横浜市港北区鶴見区で税理士は 株式会社CFO/高橋和徳税理士事務所

横浜市港北区鶴見区で税理士なら高橋和徳税理士事務所

税理士を横浜市港北区でお探しの方は高橋和徳税理士事務所へ

ご挨拶

高橋和徳税理士私どもは平成21年1月に横浜市で開業した税理士事務所です。

横浜を中心に税理士の仕事を通じ中小企業、個人事業主のお客様に少しでもお役にたちたいと思い日々活動しております。

どうすれば売上を伸ばすことができるのか、どうすれば利益を出すことができるのか、資金繰りの課題はどう改善するのかなどを経理という羅針盤を使い、お客様といっしょに考えてまいります。

税金や経理のことはわかりにくいですがこれらをお客様に理解していただくために丁寧な説明とコミュニケーションを重視しております。経理を経営にいかすことができ、お客様の会社によくなっていただくことが我々の喜びです。

開業時点では6社のお客様とのおつきあいだったのが、おかげさまで60社以上のお客様とおつきあいさせていただいております。いただいたご縁に感謝をするとともに私どもの方針の「お客様への安心と満足の提供」に努めてまいりたいと思います。

認定支援機関のお知らせ

私どもは経営革新等支援機関に認定されております。国の起業を支援する制度などへのお手伝いも行なっておりますのでお声かけいただければ幸いです。

キャンペーンのお知らせ

キャンペーンその1(紹介キャンペーン)

お客様をご紹介いただき顧問契約を締結した際には、ご紹介いただいた方に紹介料をプレゼントいたします。よろしくお願いいたします

キャンペーンその2(無料相談会実施と著書贈呈)

初回無料相談を継続実施しております。長い付き合いになる税理士事務所を選ぶことは大変重要です。まずは初回無料相談をご利用いただき、会社に役に立つ税理士事務所かどうか判断いただきたいと思います。

また事務所に初回無料相談に来ていただいた方には、著書「事務所通信小冊子」を贈呈しております。少しでも会社の経営、経理のお役に立てて頂ければ幸いです。

キャンペーンその3(新規設立法人への初年度料金割引)

新規に設立された会社向けには初年度料金の割引を実施しております。具体的にはお会いして事業ボリュームをお聞きして見積もりを行いますので、ぜひ見積もりだけでもお問い合わせください。

業務・サービス内容

起業・会社設立をされた方、考えられている方

起業・会社設立をされた方、考えられている方
  • 会社設立すべきかのシミュレーション実施
  • 設立手続きの完全代行
  • 経理事務のセットアップ
  • 予算や計画の策定支援
  • 決算、税務申告

会計・経理

会計・経理
  • 会計帳簿の記帳代行
  • 自社でパソコン経理を行う場合の社長、担当者への経理指導
  • 経営のための経理の導入

税金に関すること

税金に関すること
  • 法人、個人の各種税務申告書、届出書の作成
  • 税金に関してのご相談対応
  • 相続、事業承継に関してのご相談対応

資金に関すること

資金に関すること
  • キャッシュフロー経営の実践
  • 資金計画策定
  • 資金調達のお手伝い
  • 資金運用のお手伝い

経営に関すること

経営に関すること
  • 経営計画、事業計画、資金計画などの策定支援
  • 経営戦略策定コンサルティング
  • 財務体質改善コンサルティング
  • 事務業務の改善、内部統制強化コンサルティング
  • ITを活用した業務改善
  • 大企業の経営手法の中小企業への導入
  • CFOのサービス提供

外資系企業向けのサービス

外資系企業向けのサービス

事務所通信

平成29年12月 Vol.66

■増収、増益、損益分岐点比率

11月15日の日本経済新聞社の記事です。「上場企業は3年ぶり増収、純利益は2年連続で最高を更新する見通し。IT投資など好調な海外需要を取り込む電機がけん引し、資源価格の上昇で商社も高い増収。」「損益分岐点が低下したところに売上高拡大が重なり利益が伸びる」

私たちが日ごろお付き合いさせていただいている中小企業にとってはあまりピンとこない印象があります。なんとなく2006年ごろに輸出企業が一人勝ちだったころを思い出します。ただしあまり「景気が悪いので」という声も聞かないのでやはり景気は悪くないのでしょう。

さて「増収」「増益」という意味ですが増収は売上が増えること、増益は利益が増えることですが、これに関連して「損益分岐点」の解説もありました。

「企業活動で利益がでるかどうかの分かれ目となる売上高の水準のこと。固定費と変動費の合計と一致する状態で利益がゼロとなる水準を損益分岐点売上高と呼ぶ。損益分岐点売上高を実際の売上高で割った数値が損益分岐点売上高比率。この比率が低いほど利益が出やすい収益構造である。比率を下げるためには①固定費を減らす②利益率の高い製品を増やして変動費比率を抑える③売上高を増やす。日本ではリーマンショック後の急激な需要減少と円高が進み、収益性は大きく悪化、損益分岐点比率が高まり、その後は固定費の削減や高付加価値製品の開発により売上高を増やし比率はおおむね低下する傾向で最近は60%前後で推移」とわかりやすく解説されています。

■売上、原価、販売管理費のバランス

変動費、固定費とは管理会計の世界の言葉で通常の毎月の試算表では売上高、原価、売上総利益、販管費に注目してもよいでしょう。損益分岐点と近い計算方法で販売管理費を粗利率(売上総利益率)で割ってみてもよいでしょう。この数値が損益分岐点売上のようなものです。

販売管理費に見合った売上を稼ぐのか、売上にあわせて販売管理費を小さくしていくのか、鶏と卵のような感じです。また売上が少なくても原価率の低い商品も効果的です。会社の収益性を見るのは原価率と経費率、売上の大きさの3つのバランスです。

過去のレポートはこちらをご覧ください

事務所通信アーカイブ・インデックスページ

主な活動地域

  • 横浜市(鶴見区、神奈川区、西区、中区、南区、港南区、保土ケ谷区、旭区、磯子区、金沢区、港北区、緑区、青葉区、都筑区、戸塚区、栄区、泉区、瀬谷区)
  • 川崎市(麻生区、川崎区、幸区、高津区、多摩区、中原区、宮前区)
  • 東京都(大田区、目黒区、品川区、渋谷区、世田谷区など)
PAGE TOP