横浜市港北区鶴見区で税理士は 株式会社CFO/高橋和徳税理士事務所

横浜市港北区鶴見区で税理士なら高橋和徳税理士事務所

税理士を横浜市港北区でお探しの方は高橋和徳税理士事務所へ

ご挨拶

高橋和徳税理士私どもは平成21年1月に横浜市で開業した税理士事務所です。「お客様への安心と満足の提供」をめざし、横浜を中心に税理士の仕事を通じ中小企業、個人事業主のお客様に少しでもお役にたちたいと思い日々活動しております。

どうすれば売上を伸ばすことができるのか、どうすれば利益を出すことができるのか、資金繰りの課題はどう改善するのかなどを経理という羅針盤を使い、お客様といっしょに考えてまいります。

税金や経理のことはわかりにくいですがこれらをお客様に理解していただくために丁寧な説明とコミュニケーションを重視しております。経理を経営にいかすことができ、お客様の会社によくなっていただくことが我々の喜びです。

業務・サービス内容

起業・会社設立をされた方、考えられている方

起業・会社設立をされた方、考えられている方
  • 会社設立すべきかのシミュレーション実施
  • 設立手続きの完全代行
  • 経理事務のセットアップ
  • 予算や計画の策定支援
  • 決算、税務申告

会計・経理

会計・経理
  • 会計帳簿の記帳代行
  • 自社でパソコン経理を行う場合の社長、担当者への経理指導
  • 経営のための経理の導入

税金に関すること

税金に関すること
  • 法人、個人の各種税務申告書、届出書の作成
  • 税金に関してのご相談対応
  • 相続、事業承継に関してのご相談対応

資金に関すること

資金に関すること
  • キャッシュフロー経営の実践
  • 資金計画策定
  • 資金調達のお手伝い
  • 資金運用のお手伝い

経営に関すること

経営に関すること
  • 経営計画、事業計画、資金計画などの策定支援
  • 経営戦略策定コンサルティング
  • 財務体質改善コンサルティング
  • 事務業務の改善、内部統制強化コンサルティング
  • ITを活用した業務改善
  • 大企業の経営手法の中小企業への導入
  • CFOのサービス提供

外資系企業向けのサービス

外資系企業向けのサービス

事務所通信

令和2年6月 Vol.96

■キャッシュレス

昨年からPayPayなどのキャッシュレスが急増しています。第一生命の川柳で「おじさんはスマホ使えずキャッシュです。」とありますが、おじさんの私もやっと先月からPayPayを使うようになりました。ユーザーとしてはとても便利です。消費税導入時のポイント還元で急速に広がり、また最近のコロナ騒ぎでお金に触れなくてもよいというのも伸びている理由かもしれません。またPayPay どうしで振込手数料なしでお金を送金できるのもビックリです。割り勘の精算や立替の返金などに利用できます。これこそがfintechでしょうか。

これからは中小事業者もサービス業は導入を避けられないですが実務の手間が増えてくるのが懸念点です。どれだけがキャッシュレスでの販売なのか、いつ入金されるかなどきっちり管理しなければなりません。

また今は手数料がかからないですが、しばらくするとクレジットカードと同じようにお店の負担が増えてきます。いったん導入したお店は簡単にやめられず、手数料負担と実務の手間だけが残るのではと心配しています。ちょうど消費税の軽減税率導入時にキャッシュレスが急速に増えてきたので経理実務の手間が相当増えました。昔は小口現金を毎日合わせるのが経理の基本でしたが、これからはキャッシュレス管理も追加で発生します。

ところで今回のコロナの影響により感染防止のためのキャッシュレス推進もありますが、資金繰りの影響で入金が遅れるキャッシュレスをやめざるを得ない事業者もいます。国もいろんな支援がありますがキャッシュレス手数料の負担なども検討してみてはどうかと思います。

おそらく日本の弱い分野がファイナンス関連のテクノロジーなので高いクレジットカード利用料と同様にキャッシュレスも導入業者の一人勝ちということが予想できます。一般の中小事業者に負担感がでないような仕組がないだろうかと思います。関連して日本からの海外送金は世界一高いという話もあります。モノづくりは強い日本ですが金融の分野ではユーザ-が高いコストを負担せざるを得ないことになっています。

そもそも消費税増税時のタイミングで普及させようとしたり、中小事業者での現金での売上の計上漏れ捕獲が財務省の狙いであれば国の推進の動機が残念な気がします。

さて今回は別の意味のキャッシュレスを思い出したので記載します。大きな会社では地域ごとに支店や事業所などがありますが、たとえば100の事業所でそれぞれ100万円預金残があれば合計で1億円になります。事業所ごとの小口現金管理は効率が悪く資金も滞留してしまいます。そのために事業所ごとの出納をやめる取り組みを行いました。このときにキャッシュレスという言い方をしていたのを思い出しました。今のキャッシュレスとは意味が違いますが20年前に別の意味でよく使っていました。民間企業は業務効率改善と資金効率改善を常に考えています。

過去のレポートはこちらをご覧ください

事務所通信アーカイブ・インデックスページ

主な活動地域

  • 横浜市(鶴見区、神奈川区、西区、中区、南区、港南区、保土ケ谷区、旭区、磯子区、金沢区、港北区、緑区、青葉区、都筑区、戸塚区、栄区、泉区、瀬谷区)
  • 川崎市(麻生区、川崎区、幸区、高津区、多摩区、中原区、宮前区)
  • 東京都(大田区、目黒区、品川区、渋谷区、世田谷区など)
PAGE TOP