横浜市港北区鶴見区で税理士は 株式会社CFO/高橋和徳税理士事務所

横浜市港北区鶴見区で税理士なら高橋和徳税理士事務所

税理士を横浜市港北区でお探しの方は高橋和徳税理士事務所へ

ご挨拶

高橋和徳税理士私どもは平成21年1月に横浜市で開業した税理士事務所です。

横浜を中心に税理士の仕事を通じ中小企業、個人事業主のお客様に少しでもお役にたちたいと思い日々活動しております。

どうすれば売上を伸ばすことができるのか、どうすれば利益を出すことができるのか、資金繰りの課題はどう改善するのかなどを経理という羅針盤を使い、お客様といっしょに考えてまいります。

税金や経理のことはわかりにくいですがこれらをお客様に理解していただくために丁寧な説明とコミュニケーションを重視しております。経理を経営にいかすことができ、お客様の会社によくなっていただくことが我々の喜びです。

開業時点では6社のお客様とのおつきあいだったのが、おかげさまで60社以上のお客様とおつきあいさせていただいております。いただいたご縁に感謝をするとともに私どもの方針の「お客様への安心と満足の提供」に努めてまいりたいと思います。

認定支援機関のお知らせ

私どもは経営革新等支援機関に認定されております。国の起業を支援する制度などへのお手伝いも行なっておりますのでお声かけいただければ幸いです。

キャンペーンのお知らせ

キャンペーンその1(紹介キャンペーン)

お客様をご紹介いただき顧問契約を締結した際には、ご紹介いただいた方に紹介料をプレゼントいたします。よろしくお願いいたします

キャンペーンその2(無料相談会実施と著書贈呈)

初回無料相談を継続実施しております。長い付き合いになる税理士事務所を選ぶことは大変重要です。まずは初回無料相談をご利用いただき、会社に役に立つ税理士事務所かどうか判断いただきたいと思います。

また事務所に初回無料相談に来ていただいた方には、著書「事務所通信小冊子」を贈呈しております。少しでも会社の経営、経理のお役に立てて頂ければ幸いです。

キャンペーンその3(新規設立法人への初年度料金割引)

新規に設立された会社向けには初年度料金の割引を実施しております。具体的にはお会いして事業ボリュームをお聞きして見積もりを行いますので、ぜひ見積もりだけでもお問い合わせください。

業務・サービス内容

起業・会社設立をされた方、考えられている方

起業・会社設立をされた方、考えられている方
  • 会社設立すべきかのシミュレーション実施
  • 設立手続きの完全代行
  • 経理事務のセットアップ
  • 予算や計画の策定支援
  • 決算、税務申告

会計・経理

会計・経理
  • 会計帳簿の記帳代行
  • 自社でパソコン経理を行う場合の社長、担当者への経理指導
  • 経営のための経理の導入

税金に関すること

税金に関すること
  • 法人、個人の各種税務申告書、届出書の作成
  • 税金に関してのご相談対応
  • 相続、事業承継に関してのご相談対応

資金に関すること

資金に関すること
  • キャッシュフロー経営の実践
  • 資金計画策定
  • 資金調達のお手伝い
  • 資金運用のお手伝い

経営に関すること

経営に関すること
  • 経営計画、事業計画、資金計画などの策定支援
  • 経営戦略策定コンサルティング
  • 財務体質改善コンサルティング
  • 事務業務の改善、内部統制強化コンサルティング
  • ITを活用した業務改善
  • 大企業の経営手法の中小企業への導入
  • CFOのサービス提供

外資系企業向けのサービス

外資系企業向けのサービス

事務所通信

平成29年2月 Vol.56

■赤字商品はありませんか?

先月は取引別採算管理の話でした。つまり赤字になっているお客様はいませんか?という質問でした。今回は赤字商品はありませんかという質問です。管理会計の世界ではいろんな切り口で数値を見て経営の改善に役立てるのです。会社の売上総利益(粗利)は商品ごとの粗利の合計です。いろんな商品を扱っている会社は利幅の大きい商品もあれば赤字の商品もあるのです。利幅の大きい商品は売れにくく赤字の商品は売れやすいということもよくある話です。仕入金額よりも売上金額が小さければその時点で赤字ですが、これはあまりないケースでしょう。売上から仕入を引いた金額の粗利が小さい商品(あるいは粗利÷売上の粗利率の悪い商品)などはよくあると思います。さらに販売経費がどれくらいかかっているかです。A商品とB商品があるとしましょう。Aは売価1000円、原価700円で粗利300円でした。B商品は売価1000円、原価800円で粗利200円でした。当然Aのほうが粗利は高いのですが、売るための販売費用やアフターサービスにAは400円かかり、Bは100円かかった場合は経費も引いた利益はAがマイナス100円、Bはプラス100円ということになります。商品ごとの粗利と経費の比較を行って初めて商品別の利益の確認ができます。もちろん理屈のうえでは可能ですが現実には経費の集計は商品別に行わないのでなんらかの基準で集計します。たとえば営業社員の持ち時間のうち、どの商品に時間を使ったかの日報をつけて営業社員の費用を商品別にわけるのです。もちろん管理のために余分な費用ばかりかかれば本末転倒ですが。


営業マンに売上目標だけを設定していると売れやすい赤字商品の比重が高くなり会社は儲かりません。それを解決するためには営業マンごとの粗利管理も必要になってきます。


■プロダクトミックス

上記のような商品別の集計まではいかなくても毎月の粗利率の推移の把握は必要です。プロダクトミックスという言い方をしますが、粗利率はどの商品の売れている比率が高いかによって変わってきます。


当然毎月棚卸をしなければ毎月の正しい粗利は把握できません。毎月の棚卸のできていない会社はまずはそこから始めましょう。

過去のレポートはこちらをご覧ください

事務所通信アーカイブ・インデックスページ

主な活動地域

  • 横浜市(鶴見区、神奈川区、西区、中区、南区、港南区、保土ケ谷区、旭区、磯子区、金沢区、港北区、緑区、青葉区、都筑区、戸塚区、栄区、泉区、瀬谷区)
  • 川崎市(麻生区、川崎区、幸区、高津区、多摩区、中原区、宮前区)
  • 東京都(大田区、目黒区、品川区、渋谷区、世田谷区など)
PAGE TOP